スティーブ・ジョブズは教科書に載るんじゃないか

2011年8月27日

結局、キャラなんだろうな、とジョブズのアップルCEO辞任に際して思うわけです。

ひとつひとつのこと、つまりは技術的なイノベーションやビジュアルセンスや人材発掘キュレーションやプレゼンテーション能力や求心力などについて、ジョブズと同じかそれ以上のレベルを持つ人材は今までにも山ほどいたはずです。しかし、それらをほぼすべて持ち合わせていて、しかも人間として魅力的な(あくまでも「いい人」という意味ではない)人物というのは稀有ではないでしょうか。天才キャラです。

 

後任のティム・クック氏を始め、バイスプレジデントの面々の誰にまかせてもアップルが急激に凋落していくと予想している人(主にアナリストですが)は少ないようです。なのに、ジョブズが辞めるというだけで(しかも会長職にとどまるとさえ言っているのに)これだけのニュースになってしまう。

もちろん、現在のパソコンやスマートフォンやタブレットの一般的なユーザーは、その存在を生んだに等しいジョブズのことなどに興味はないでしょう。アップルという会社の商品を使っているけど、その会社の社長が変わる?ふーん。てなもんでしょう。しかし、長い間のアップルユーザーにとっては、心理的なショックが少なからずあったはずですね。少なくともぼくにはありました。予想はしてたけど、ついに来たかという感じです。

この天才キャラに惹かれていた人たちは世界中に多いと思います。マイクロソフトのビル・ゲイツが引退したときにも似たような反応があったと思いますが、彼がIT革命の革新児だったかといえばそうではない。ITビジネスという範囲での革命においては、相当な実績や影響力を与えた人として重要でしょうけれども。

 

これまでに何回か、『モノとプラットフォーム』という産業革命とIT革命の比較みたいなことを書いてきました。その論でいえば、例えばエジソンやワットやベルといった、産業革命で名を馳せた人物に匹敵するIT革命の重要人物として、一番手に挙げられるのはジョブズではないかと考えます。IT革命が歴史として伝えられるようになったときに教科書に載り、永く語り継がれる人物としてです。

IT革命は進行中なので、今後も有能な人物が出続けるでしょう。Facebookのザッカーバーグは映画にもなりましたしね。しかしここで重要なのは「キャラ」だと思うのです。エジソンを例にとってみましょう。産業革命当時に、エジソンだけがあのような発明を考えついたのでしょうか。同時期に、いや、もっと前に彼と同じようなアイデアを思いついたり実現させようとした人はいるに違いありません。

そして、その今では名前も忘れ去られている人たちよって、実際にはあまたの違う発明もなされたはずです。エジソンだけが今に続く産業の基礎を作ったとは思えない。でも、後世に伝えられるのは一握りのイノベーターだけです。

これを、運や実力や努力があったからという言葉だけでは片付けられないでしょう。おそらくエジソンは、当時の人々やその少し後の世代の「記憶」に大きく残る「天才キャラ」だったのだろうと推測します。アイデアや実行力といった能力が並の人以上にあることはもちろんですが、その上に「何か」をいくつも持っていることが天才なのではないでしょうか。いつの時代も"Something Else"なのです。

 

アップルのCEO後継者が今後誰になろうとも、ジョブズDNAが続いている間はある程度の革新性とそつのない経営を続けていけるでしょう。ジョブズに期待していたものと同じものをユーザーは求めるのかもしれませんが、それは酷というものです。天才キャラはそんなに次々とは現れないのだから。

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください