IT

胸ときめくようなあのAppleは、もういない。

2016年3月22日

Appleファンの方は読まないでください。

日本時間の今朝おこなわれたAppleのイベントでは、小さい iPad Pro小さい iPhone が発表された。終わり。みたいな感じだ。書いていて何か身につまされるものがある。噂通りというか、それしかないのかというか。
純粋なApple教徒の皆さんやメディアは提灯記事を書くのだろうけれど、Appleがここ数年に発売した新製品にほとんどワクワクしなくなっている僕としては、批判的な記事になることをお許し願いたい。 続きを読む

どんどん変わるねコンピュータ。次はウェアラブルだとか。

2014年3月15日

このブログは、当初『アナログデザイナーのIT変遷記』というタイトルだった。「どこまでついていけるか?」というサブタイトルもあった。世の中がアナログからデジタルに移りゆく中で、その流れに追いついていくことは仕事上で至上の命題だった。そして今、長年慣れ親しんできたコンピュータの姿は、さらに劇的に変化しつつある。あらためて、どこまでついていけるのだろうかと考えてしまっている。 続きを読む

ソニーの失敗は、2001年に始まったのだろうか

2014年2月10日

今年になって VAIO を買った。そして、ソニーが VAIO事業を売却し、パソコンから撤退するらしい。おいおい、なんじゃいそりゃあ〜、てなもんですね。ちょっとショックだけどしょうがない。最も安いノートタイプを買ったので参考にならないかもしれないが、はっきりいって品質・使い勝手が良くないです。やはり Dell あたりにしておけばよかった。

続きを読む

Appleが変えた仕事、30年前と今

2014年1月27日

パソコンによって印刷物を作れるということくらいは、今や多くの人が知っている。名刺を自分でプリントしている人もいるだろう。Wordのような安価なソフトでも、簡単なパンフレット程度なら作ることができる。そういう工程を表す「DTP」という言葉は本来専門用語であるが、ゴロがいいこともあってかあまりそういう雰囲気はない。「DTP」以前は「活版」とか「写植」とか…、なんだかよくわからない専門的な業種の人たちが関わっている用語の印象があった。 続きを読む