Design

Appleが変えた仕事、30年前と今

2014年1月27日

パソコンによって印刷物を作れるということくらいは、今や多くの人が知っている。名刺を自分でプリントしている人もいるだろう。Wordのような安価なソフトでも、簡単なパンフレット程度なら作ることができる。そういう工程を表す「DTP」という言葉は本来専門用語であるが、ゴロがいいこともあってかあまりそういう雰囲気はない。「DTP」以前は「活版」とか「写植」とか…、なんだかよくわからない専門的な業種の人たちが関わっている用語の印象があった。 続きを読む

iOS7のデザインがちっとも好きになれないんだが、どうしたもんだろう

2013年10月11日

久しぶりにAppleネタ。「iOS7」のアップデート開始からもう半月以上が経過した。にも関わらず、まだアップデートをしていない。実は6月の「iOS7」発表時、いやその前の噂の時点からそのデザインには嫌な予感がしていた。どうにも中途半端で、個人的に気持ちの悪いデザインだったのである。 続きを読む

表面的なデザインをするWebデザイナーってそんなにいらなくなるんだろうね

2013年8月5日

Webデザイン

こう思うことが、本業の仕事をしていて増えている。最近のCMSやブログ用のテンプレートの量はすさまじく、デザインの質も高い。ホームページビルダーやDreamweaverといった制作アプリの多機能化もあり、ほんの少しカスタマイズする方法を覚えるだけで、だれもが一定レベルのデザインでオリジナルサイトを制作できるようになってきた。このような現象がさらに進化していくことは間違いない。 続きを読む

Webサイトは、モバイルファーストの時代に突入し始めるのか

2013年1月20日

Webサイト閲覧のメインデバイスは何ですか? 常にパソコンを立ち上げていられる環境であれば、当然 PC でしょう。しかし、Webサイト利用者はそんな人たちばかりではないよね。携帯からスマートフォンへの買い替えが進んでその所有率が上がるほど、主流はそちらに移行しつつあるようです。モバイルの名のとおり、移動中や外出先でWebサイトを見る機会が劇的に増えています。 続きを読む

アドビの博打は吉か凶か

2011年12月1日

賛否両論が飛び交っていますが、圧倒的に「否」が多いようです。先月アドビが発表したアップグレードポリシー改定についてですよ。下記の記事も参考になりますね。

簡単にまとめてみると、

  • 次のバージョンアップ(CS6)から、アドビCS製品のアップグレード対象商品を従来の3バージョン前までから1バージョン前までのみに変更。
  • Adobe Creative Cloud でのサブスクリプションを月額5,000円(個人版年契約の場合/税別)で提供。

の2点です。

2バージョン以前の製品を持っていてもアップグレードは適用されなくなるので、その場合は新たに製品版を買ってちょ! それがいやなら月額課金ですべてのCS製品が使えるので、そちらで契約してね。ということです。

続きを読む