渋滞にもいろいろあるよね、とUターンな車中で考えていた

2014年1月4日

高速道路

昨日、帰省先から東北道で帰ってきた。Uターンラッシュはそれほどでもなかったが、一ヶ所だけピンポイントでの渋滞を見た。見たというのは、それが下り車線だったので巻き込まれることがなかったからだ。下りってUターンラッシュじゃないよね。ここ何年か、1月2〜3日にこの辺を通るたびに多少渋滞しているのを見てはいたが、今年はさらにひどかったような気がする。

 

そこは、栃木県の佐野藤岡IC(インターチェンジ)付近だった。このICの下り出口から車が多すぎて降りられずに、高速本線にもつながって渋滞になっていたのだ。3kmくらいの長さはあっただろうか。ここに何があるのか?

佐野市といえば古くから知られるのは「佐野厄除け大師」だ。民放ラジオからここのCMが流れ始めると、年末年始が近づいてきたのを感ずる人も多い(って、普通の人は平日の昼にAM放送を聴いているなんてことないが…)。でも、年が明けて3日目なんだから出口が混むほどの初詣客はいないはずだ。

その次に、ラーメン通ならご存知「佐野ラーメン」がある。青竹打ちでコシのある麺と、すっきりした醤油ベースのスープが旨い。もしかしたら、厄除け初詣とラーメンを組み合わせて楽しめるからみんな来るのかなあ、などと考えてもみた。だが待てよ、佐野ラーメンも一時期有名になったのは10年以上前だったよな。今さら渋滞を覚悟してまで来るとは思えないし、渋滞が増えたのはここ2〜3年のことだったような。

何だろう、なんだろう、とモヤモヤしながら自宅に着いて一段落してから検索してみた。

週末や連休には佐野プレミアム・アウトレットに向かう車が多い為、東京方面からの出口やインターチェンジ周辺の国道50号は、しばしば渋滞に見舞われる。

ウィキペディア「佐野藤岡インターチェンジ」より

これだった。うっかりしていた。そうだよね。若い子は当然のように知ってるだろうけど、僕はこういうの行かないからなあ(人混みが嫌い。だけど出来たあたりに一度行った)。ましてや、初売りで(そんなものアウトレットにあるの?)交通も便利だから、気軽に来ることができるのかもしれない。

そして今、アウトレットとペアでここに寄るのも普通らしい。ド派手なイルミネーションでニュースでも話題になった「あしかがフラワーパーク」。日本夜景遺産なんてあるんですね(笑

僕がこのIC付近を通ったのが午後2時くらいだから、スムーズにICを降りることができたら、アウトレットで買い物をして足利のイルミネーションに移動したら丁度よい時間なのだろう。でもそんなに順調にいくかねえ。駐車場だってとんでもないことになってるだろうから。

日本のアウトレットは、キズ物やモデルが古かったりサイズが合わないものばかりといった、本来のアウトレットなB級商品は比較的少ない。話題を集めるために企画品を販売するなど、ブランドのアンテナショップ化していると考えていいだろう。

だいぶ前に、ニューヨーク郊外(本当にド田舎)のアウトレットに行ったときは、まさにアウトレット商品ばかりだった。ブランド品でもひとつだけ違うボタンが付いていたり、明確にわかる傷が付いていたりと、ああこういうのをアウトレットというのかと思ったものだ。アメリカ人が着られない小さめサイズの服も多くあって、ラッキーだったりもしたのだが。

 

実は佐野藤岡ICよりも先に、さらにすごい渋滞が待ち構えていたらしい。昨年12月、上り線の羽生PAに「鬼平江戸処」が完成。池波ファン、鬼平犯科帳ファンに関わらず、新しいテーマパークだからUターンのついでに寄ってみたい気持ちは抑えられないだろう。僕は、それが出来ていたことを知っていたので、何キロも前から出ていた「羽生PA 満車」の警告に気づいていた。手前の館林ICで降りて正解だった。

高速道路の渋滞は、事故を除けば坂道などの自然渋滞がほとんどだと考えられている。雪道では除雪車渋滞などもあるが。最近、その自然渋滞の回避方法は研究されるようになってきた。しかしこのようなホットスポット的な渋滞は、便利さとショッピングや観光という欲望と相まって、この先も益々増えていくのだろう。

関連記事

    関連する記事は見当たりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください