明日は、どっちだ?

2010年8月17日

先日、マガジン航というサイトに「我はいかにして電子書籍の抵抗勢力となりしか」というエントリーが掲載されていました。著者の中西秀彦氏は印刷業界では論客として有名な方です。この中で、活字から電子組版(DTP化)に完全移行した1994年当時のことを回想しています。

その出版のころ津野氏と語り合ったものだ。「いずれは『本が消えた日』を書かなければならないだろう」と。そのころにはまだインターネットこそ、一般的ではなかったが、パソコン通信は普及しており、パソコン通信で本を読むという形態がそれほど抵抗なくうけいれられていた。失敗は続いていたが、NEC のデジタルブックのような電子書籍もすでに商品化されていた。たぶん、それほど遠くない未来、電子書籍の時代は来る。それはもう必然のように感じられた。

今から15年も前、パソコン通信の頃のことです。普通の中小印刷会社の中に、このような考え方は少なかったと思いますし、印刷の必要がなくなるということを口に出すのはタブーだったともいえるでしょう。ただし先見の明がある人は、デジタル化が単に作業の効率化を促進するだけのためのものではなく、印刷という「紙」の複製物をさえ無くしていくのかもしれないということを気付いていたはずです。そして、それがいよいよ目の前に迫りつつあるのです。印刷業界としては、今後どのようにしてこれに適応していくのでしょうか。

おそらく電子書籍でも同じことがおこる。極端な話、印刷業界は書籍が紙に印刷されなくなったとき、壊滅する。印刷部門がまったく必要なくなってしまうからだ。出版社はコンテンツビジネスとして生き残れても我々は生き残れない。幸運な数社は電子書籍コンテンツ制作会社として残るかもしれないが、ほとんどの印刷会社はなすすべがない。

いわずもがな、これは考え方、経営スタイル、産業形態を一変させるしか答えはないような気がします。美術印刷やシール、エンボスなどの特殊印刷需要は残るかもしれませんが、既存の「紙に刷る」という形態での産業自体が、現在の業者数と従業員数では存続できるわけがありません。以前の繊維産業などと同じ道を辿ってしまいかねません。

業界の問題とは別に、出版物の質の問題にも言及されています。紙の出版物は一旦世に出るとその後の修正や回収は難しく、出版前のチェックや出版時のコストが膨大になるため、出版や再版の決断に慎重を期するようになります。それゆえに、粗雑な、あまりにも中身のない本が簡単に世の中に出るということは少なかったのです。

中西氏はこのような不安を述べられています。

このフィルタリングが電子書籍にはない。誰でもどんなものでも出版できる。ネット社会の電子掲示板の現状からして極端な政治的偏向をもった電子書籍が人気を集めてしまうことも予測される。ネット右翼も良識ある評論も同列に電子書籍の土俵で並べられた時、本当に市民社会の良識は機能するのだろうか。市民社会の良識など今の掲示板やツイッターを見る限り幻想に思える。ソーシャルメディアがよい物と悪い物を自然選択するというような太平楽はましてや信じられない。

まさしく、同感です。やはり、玉石混合になることは予想され、mugendai氏のエントリーに佐々木俊尚氏がつぶやかれているように、「キュレーター」は必要になってくると思います。

しかし、印刷業界が電子書籍をいくら否定し紙の魅力を説いてみても、もう世の流れは止められない現実になりつつあります。

そして最後に、

だったら、抵抗するなとあなたは言うかもしれない。いや、私は電子書籍にすばらしい未来があるからこそ、抵抗する。このままこの混沌のまま、敗者に一顧だにもしないまま電子書籍を推進するならば、紙の本も電子書籍ももろとも破滅する。もちろん出版文化すべても道連れにして。

と書かれているところに、ただ焼け跡になるのを傍観する気はないという意地を見るような思いがします。どこを向けばいいのか、どこをめざせばいいのか? 広告、メディア、出版、音楽、といったコンテンツ産業に関わるあらゆる人間が模索の時期にあることだけは確かでしょう。明日はどっちだ?(by 矢吹丈)

 

あまりに暑いので、今回はちょっと手を抜いて読書感想文みたいなものを書いてみました。次回はもっと真面目に書きます。本当は、引用元ブログにコメントで書きたかったのですが、コメント不可なんですね。ちょっとCNET Japanブログみたいで残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください