Windowsはなぜデザイナーたちに受け入れられなかったか

2010年8月5日

Microsoft が Yahoo! にフラれた。まぁ、日本の場合だけですけどね。大体、Bingなんて検索、皆さん使ってますか?
先日のJacquesさんのエントリー『実は多くなかった検索エンジン』によると

Bing

1998年に「MSNサーチ」立ち上げ(エンジンはInktomi)。

1999年にInktomiとLooksmart併用に切り替え。

2006年にMS製エンジンの「Windows Liveサーチ」スタート。

2009年にBingブランドへ変更。

via jacques.bloggers-network283.com

ということですが、まだ正式な日本語版が出たばかりで、どう贔屓目にみても Yahoo! JAPAN がそれを選ぶとは思えません。

Microsoftは僕にとってはよくわからない会社です。あんなにOSやブラウザのシェアが高く、一時はこの世の春を謳歌していたにも関わらず、特定の分野においてはそのシェアが完全に逆転しています。知られたところではサーバOSの分野ですが、デザイン・DTPの世界も同様で、Microsoft、つまりWindowsOSのシェアが未だに圧倒的に低い分野なのです。今更ですが一度は書いておきたかったので、今回はこういう話を。

仕事道具としての在りし日のMacintosh

デザイン分野(ここでいうデザインは、主に印刷を目的としたグラフィックデザインのことを指しています)でWindowsがまったく無視されてきたというわけではありません。振り返ると、Windowsがデザイン・DTPマシンのOSとして進出する機会は確かにありました。1990年代中頃あたりのことでしょうか。

前々回のエントリー『我々は完璧ではない』でも書きましたが、この分野のデファクトスタンダードマシンだったMacintoshはあまりにもフリーズやクラッシュが多すぎて、データ消失やOSの再インストール、HDの入れ替えなどが日常茶飯事でした。それでもMacOSやMacintoshを代替できるマシンの選択肢は無く、デザイナーは徹夜をしながら泣く泣くファイルを作り直し、これを使っていました。

少なくとも実際には、「デザイナーって、Macを使ってておシャレね」などというイメージとは雲泥の差があったといってもいいでしょう。もっと安定して使いやすい環境が現れたら、それに乗り換えたかったデザイナーやオペレーターは少なからずいたはずです。この時点で、Windowsには大きなチャンスがあったと思います。デザイナーもクライアントとのデータのやり取りではWindowsファイルを扱っており、Windowsも95が主流でビジネス的にも安定したOSと思われていたため、移行するのにあまり抵抗はありませんでした。

その頃はスティーブ・ジョブズがAppleを追われていて、プロダクトデザインとしてのMacintoshも今のように洗練されていたとはいえない時期です。では、なぜ飛ぶ鳥を落とす勢いだったMicrsoftは、その分野を乗っ取ることができなかったのでしょうか?

満たされなかったWindowsの制作環境

その理由を以下に列挙しますが、かなり敷居が高かったといわざるを得ません。

  1. 制作アプリケーションの対応が不足
  2. フォントシステムの問題、印刷レベルのフォントの不足
  3. ポストスクリプト言語への対応が不足
  4. WYSIWYGの実現性に問題
  5. UIの稚拙さ
  6. Microsoftのデザイン・DTP業界に対するコミットメントが希薄

これらはパソコン上で印刷原稿を制作する上で、つまり、それまでアナログでおこなっていたデザインや版下制作〜製版という作業を、DTPというデジタル工程で置き換えるためには絶対にはずせない機能や条件でした。これが満たされないパソコン(OS)は、いくら安定していようが価格が安かろうがお話にならなかったのです。

中でも重要だったと思うのは6番目です。これさえまともにおこなっていたら、大部状況は変わっていて、Appleはもう存在していなかった可能性さえあります。それだけAppleという企業は、デザイン・DTPを始めとしたメディア要素を制作する業界に強力にコミットメントしていたわけです。

今思えば、当時のMacintoshが頻繁にクラッシュしていたのは、印刷や動画、音楽用のデータという巨大な容量のファイルを常にハンドリングしなければならなかったことにも原因があったような気がします。WindowsのOfficeファイルのようなデータ量とは桁が違うのですから、例えばビジネス用途で使うWindowsマシンで印刷データを扱っていたとしたら、とても安定していたとは思えません。

クラウド環境、電子書籍の時代にWindowsはどうする

その後、Appleは瀕死の危機を迎えたものの、ジョブズが復帰し、MacはUNIXベースのOS(今に続くXシリーズ)を採用して安定性を増し、復活していくことになります。この頃から、アプリケーションやフォントの対応状況はユニバーサルになりWindowsOSでも遜色なく使えるようになることはなりました。

しかし、Windowsディスプレイのカラー表現の問題や、いかにもMacOSXの後追いをしているとしか思えない中途半端なUIは、何よりも正確さにこだわり人マネが嫌いなデザイナーたちが、作業環境としてのWindowsに食指を動かせない原因になっていることは否めません。

Webデザインの分野ではWindowsのシェアもそこそこ高いので、DTPが印刷というものを前提としない時代になる今後に、はたして、Windowsがその分野のプロ制作者たちのシェアをMacから奪うことが出来るのかどうかは見ものです。ただし、iPhoneやiPadというAppleマシンがOSとともに跋扈し始めている現状では、かなり心許ないことではあります。MicrosoftがAdobeを買収…とかになったら話は別ですけども。

Windowsはなぜデザイナーたちに受け入れられなかったか」への4件のフィードバック

  1. 朝之丞

    この話題には私も一家言ありまして、何れは個人ブログでもジックリ考察してみたいと思ってました。
    私見としてWindows版が出た時に「Adobeの裏切りだ!」と思ったものです。
    しかし、Photoshop、illustratorについては、現在は、Mac版、Win版ともに使用しています(笑)

    返信
  2. kasttbs

    確かに、アプリはどのOSでも関係なくなりましたね。
    個人ブログでのエントリー、期待しています。

    返信
  3. 今駒哲子

    大変参考になりました。
    iPod iPhone iPadをきっかけに、Windowsの開発者が、Macに開発環境を切り替えていく傾向が周辺にも見受けられます。
    この流れは変わらないでしょうね。
    わたし自身は、むかしMAC OS も開発の現場では動いていた、同じモトローラのCPUを使うX68000で開発して68系に愛着を持っていたので、iPhone iPadが手放せなくなった現状、帰着感があります^^

    返信
  4. kasttbs

    今駒さん、コメントありがとうございます。
    MacOSも今は所詮UNIX。iPhoneアプリ以外の開発環境としても最適なOSになっているのかもしれません。
    モトローラのCPUは能力は高かったと思います。Apple(ジョブズ)が要求している開発スピードとコストに対応しきれなかったということに尽きます。

    返信

コメントを残す